就職・転職

カスタマーエンジニアの転職事情

転職市場は空前の売り手市場になっていて、多くの求職者の方がその恩恵を受けて早期のタイミングで転職することができる状態になっています。

そのなかでも注目すべき職種がエンジニア職です。

エンジニア職はいくつかの分類に分けることができるのですが、今回はカスタマーエンジニアという職種にフォーカスして転職事情をご紹介したいと思います。

まず、言えることはカスタマーエンジニア職と勘違いしやすい職種としてプリセールスという職種があります。

プリセールスとは簡単に言えば企業の営業担当者とクライアントに同行で訪問し契約を取る職種であり、営業職が把握できていない専門的な分野を打合せで営業担当者のフォローをしつつ契約に結び付ける役割です。

求職者の方のなかには、この違いを理解できておらず、転職軸のズレを呼び選考途中で面接官との会話で話がかみ合わず、そこで初めて勘違いに気付くと言う少し恥ずかしい人もいますので、予めご注意ください。

いずれにしてもエンジニア職の一つであるカスタマーエンジニア職は、かなりの売り手市場ですので、今から転職活動しても十分、希望の条件を提示された上で転職することができると思います。

カスタマーエンジニアとは?

カスタマーエンジニア職とは具体的にどのような仕事内容になるのか、もちろん企業単位で多少の違いはありますので基本的な部分をまずはご紹介したいと思います。

カスタマーエンジニア職はIT業界に属する企業であれば、大体存在します。

しかも、その数は多く部署としても大所帯であることが多いです。

基本的に企業の人員構成として売上を直接あげる部署には多くの人員を投資しますので、直接売上を上げるイメージがないカスタマーエンジニア職に企業はなぜ、そこまで人員を投資するのでしょうか。

その理由は、カスタマーエンジニア職が直接、売上を上げる要素もあるからです。

具体的なイメージをご紹介します。

営業が新規受注である企業の契約を取ってきました。

そして、その契約内容に準じて企業はクライアントに対してIT関係の業務やサービスを提供します。

契約しただけでは売上にならず、契約後に継続的に業務やサービスを提供して売上になります。

直接的に契約に関わることはありませんが、カスタマーエンジニア職は売上を上げるために現場で仕事を行うのです。

今、『現場で仕事を行う』とご紹介しましたが、まさにカスタマーエンジニア職は、基本的に社内で仕事を行うのでなく、現場となるクライアント先で仕事をします。

クライアントに自社サービスを導入し、そのサービスの保守やメンテナンス、または構築までカスタマーエンジニアがすべて行います。

そのため、企業はカスタマーエンジニア職の人員構成を多くしており、IT業界の企業としては外すことができない職種になっているのです。

カスタマーエンジニア職の転職難易度

次に実際に転職市場で転職活動をした場合、求職者である自分がカスタマーエンジニア職を希望した場合、転職活動の状況はどのような感じになるのか予測ベースでお話します。

冒頭でもお伝えしましたが、カスタマーエンジニア職はエンジニア職のひとつですので非常に熱い状況にあります。

結論から申し上げるとどのような経験を持っていても十分、転職できると言えます。

後述で詳しくご紹介しますが、仮に未経験者であっても十分に転職できるぐらい転職市場には求人が豊富に存在し、企業からのニーズも高いです。

転職難易度としては、かなり低いと考えて良いでしょう。

かなり低い=あまり条件が良くないという求人イメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、カスタマーエンジニア職についてはそのようなことはありません。

転職市場全体のカスタマーエンジニア職の転職時の平均年収は600万ぐらいです。

600万という年収は高いですが、その理由は、日本の人口のなかで600万円の年収を持ってる労働者は1割ありません。

カスタマーエンジニア職で転職するとその上位1割に入るということになります。

平均が600万ですから業務経験が豊富でスキルや知識も多いのであれば年収1000万以上は十分狙える金額です。

転職時の年収が平均600万円ですから、転職後に自分の活躍次第ではもっと高い年収を狙えますし、下手なことをしなければそれぐらいの金額は当たり前に狙えると期待して良いと思います。

未経験での転職は可能か?

次に同じカスタマーエンジニア職を希望する場合でも経験がない求職者の場合をご紹介します。

未経験者の転職でもカスタマーエンジニア職は難易度が低いです。

普通、未経験ですと求人に応募しやすいということで、当初の選考ハードルは低くても応募数が殺到し企業側の基準が上がります。

そのため、選考ハードルが上がり転職難易度も相対評価が加味されますので難しいのですが、カスタマーエンジニア職は、どの企業でも多くの人員が必要で、しかも、現状、企業内に人材が不足しています。

転職市場でも人材枯渇状態になっているので、未経験者でもやる気があれば、採用したいと考えます。

例えば1つの求人で当初の採用人数は1名だけだったとしても、母集団形成が十分である今のうちに多少、採用予算を超えても採用しておこうと考えますので、複数名を同時に採用する企業も珍しくありません。

未経験者だからと言って転職活動で苦戦を予想する必要はありません。

今の企業で自分のやりたい職種ではない仕事で我慢するよりもやりたいと思える未経験でもカスタマーエンジニア職の転職にチャレンジしてください。

自分が思う以上に未経験でも自分のやる気は企業から高い評価をもらえます。

転職で必要なスキルは?

カスタマーエンジニア職で転職に必要なスキルは、テクニカルスキルとコミュニケーションスキルです。

この2つがあれば、経験者であれば十分転職できます。

特にテクニカルスキルとしては、設計・構築・保守・運用のカスタマーエンジニア職の4本柱がすべてできるということであれば、引っ張りだこ間違いなしです。

クライアント先でクライアントとコミュニケーションを図りながら仕事をしますので、テクニカルスキルと同様にコミュニケーションをスキルは必須要件です。

カスタマーエンジニア職含めて成果を出しやすい傾向にある人材の特徴はコミュニケーションスキルが高いことです。

この2つのスキルがあれば、カスタマーエンジニア職の経験者採用で勝ち組になれると思います。

未経験者の場合は、やる気とコミュニケーションスキルです。

コミュニケーションスキルはもちろんですが、テクニカルとなる業務経験がない分、企業はどれだけやる気があるのかを見てきます。

また、今時、カスタマーエンジニア職はどの企業でも欲しい人材ですが、なぜ数ある企業のなかで当社なのか?という疑問を解決できる理由が必要で、それが必然性です。

必然性は職種軸では生まれませんので、面接などで職種ありきで志望動機を答えるのではなく、その企業独自のものである企業理念や行動指針から考えて答えるようにしましょう。

そこさえ間違わなければ未経験者でもやる気だけでも十分、転職することはできます。

カスタマーエンジニアの企業が評価するポイント

カスタマーエンジニア職で企業が評価するポイントは経験者であれば、先程お伝えした4本柱になります。

この4本柱のどれか一つなければ、その分、評価は下がりますが、一つぐらいなくても見送りになるということは今の転職市場では絶対にあり得ません。

未経験者の場合は、経験がない分、若さで勝負ではないですがやる気が何より大事です。

ただ、カスタマーエンジニア職は転職後に業務量が非常に多いため、労働時間が長くなることが繁忙期、閑散期に関係なく考えられます。

そのため、やる気とともに体力面も評価ポイントになりますので、面接では前職または現職でかなり仕事をしてきたというアピールが必要になると思います。

転職活動で評価が高い資格

カスタマーエンジニア職として転職活動を考えている求職者にオススメしたい資格はITサービスマネージャです。

この資格は、故障などトラブルを解決するために必要な知識やスキルを保有している証拠になりますので、企業からの評価は高いと言えます。

この資格は、難易度は高い訳でも低い訳でもないので中間レベルになりますが、勉強をしっかり行うことで、短期間で十分狙える資格の一つです。

IT関連の環境は保守、メンテナンス時には故障やトラブルになるケースも多いため、いかに迅速に確実にトラブル対応できるのかが現場としては求められるものになりますので、未経験者の場合は特に取得を推奨します。

カスタマーエンジニアならこの転職エージェントがオススメ!

カスタマーエンジニア職として転職をしたいのであれば、この転職エージェントということで、経験者と未経験者で分けてご紹介します。

経験者の場合は、是非、メイテックネクストという転職エージェントをご利用ください。

メイテックネクストは製造業の技術職に特化した転職エージェントになりますが、今はエンジニア職のニーズが非常に強いため、技術職のなかでもエンジニア職にかなり重点を置いています。

また、専門のキャリアアドバイザーは元エンジニアという経歴を持っていて転職支援の質も高いですし、メイテックネクストにはメイテックネクストにしかない独占求人も豊富にあります。

この1社だけではなく大手の転職エージェントを利用し、より求人の開拓を進めて幅広い転職活動が良いと思います。

未経験者の場合、大手の転職エージェントを1社とワークポートかtypeが良いです。

ワークポートかtypeはともにIT業界、IT関連職種に強みを持っている転職エージェントですので、未経験者の方でもそのレベルに見合った転職支援をしてくれますので、転職活動をしながらカスタマーエンジニア職を理解することもできると思います。

-就職・転職

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.