インセンティブとは【給料アップできる求人の探し方】

インセンティブ制度って実力を評価されるの?もっと待遇が良いインセンティブの求人を探す方法を教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

実力主義と言われるインセンティブ制度は、キャリアが高いサラリーマンにはメリットが大きい制度です。もっと稼ぎたいという方は、インセンティブ制度の企業に転職することをおすすめします。

実力主義のインセンティブ制度ですが、実は求人探しで気をつけるべきポイントがあります。

インセンティブ制度の注意点と、あなたの実績を評価してくれる会社の選び方をお教えします。

インセンティブとは?

まず、インセンティブとはについて簡単に説明します。

インセンティブとは仕事の業績に応じて支給される給料のことになります。

求人では以下のような形で、月給などのほかにインセンティブと書かれることが多いです。

職種的には営業職に適応されることが多く、1件受注するとインセンティブが支給されます。

不動産や車など、1件売れると利益が大きな業界の営業職ほどインセンティブ制度が採用されています。

最近ではIT業界でもインセンティブを採用する企業が多く、プロジェクトの結果を評価する動きが出てきました。

インセンティブは、月給とは別に20万など一定の金額をもらえることもありますし、会社によっては旅行などという形でもらえることもあります。

インセンティブの注意点【ブラック企業の特徴】

インセンティブについて、給料条件の良さだけに目が行って転職に失敗する人も実はいます。

良く聞く言葉に「歩合制」もありますが、インセンティブと歩合はほぼ同じ意味と思って問題ありません。

ではインセンティブと書かれている求人は全て同じかというと、かなり危険なものもあるので注意しましょう。

インセンティブについて、パターンを紹介するので参考にして下さい。

  1. 基本給+インセンティブ制
  2. 完全歩合制

「インセンティブとは」で説明しましたが、インセンティブは会社が目標を達成したときに支払われる給料です。

実績1件ごとに支払われる歩合制とほぼ同じ意味で、ほとんどの求人はインセンティブ=歩合制と思って問題ありません。

ではインセンティブ求人なら問題ないかというと、そうではありません。

「完全歩合制」と書かれている求人はかなりリスクが高くブラック企業の可能性もあるので覚えておいてください。
実は完全歩合制に関しては、実は法律違反で正社員には適用されません(業務委託などの場合にのみ適用されます)。

現在の法律では働いた時間に見合った給与を支払う義務があります。

完全歩合にすると手取りゼロの可能性が出てしまうので、正社員では完全歩合制は適用されません。

インセンティブは、最低ラインの給料は保証されています。

正社員向けの転職サイトなどで見ることはないと思いますが、完全歩合制と書かれている求人はブラック企業の可能性があるので注意してください。

転職で条件の良いインセンティブ企業を探す方法

実績があるのに給料が低いと悩んでいるなら、インセンティブ制度を取っている企業への転職を強くおすすめします。

ただしインセンティブ制度で条件の良い企業は、ヘッドハンティングなどで採用されるケースが多いです。

普通に転職活動をしても、なかなか良い条件の求人を見つけることは出来ません。

インセンティブ制度の求人をハローワークや転職サイトで探すのはほぼ不可能ですが、転職エージェントを利用すれば好条件の求人を紹介してもらうことができます。

転職エージェントの非公開求人には、条件の良いインセンティブ制度の企業も多く、キャリアがマッチすれば紹介してもらうことができます。

すぐに転職する気が無くても、登録しておけば良い条件の求人が出たら教えてもらえるので、登録だけしておいても損はありません。

インセンティブ制度の好条件の企業を探すのは簡単ではないので、必ず転職エージェントを利用してください。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.