職務経歴書の書き方【ライバルと差をつけるポイント】

職務経歴書の書き方がわからない。職務経歴書で採用されるポイントを教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

職務経歴書は転職の書類審査で最も重視されています。ですが、ただキャリアを書くだけの人も多く、みすみすチャンスを逃しているケースも少なくありません。

転職を成功させるには、ライバルとの差別化をすることが重要です。

今回はキャリアコンサルタントが、職務経歴書でライバルに差をつけるポイントについて説明します。

職務経歴書の書き方で良くある間違い

職務経歴書の書き方として、一般的には以下のポイントを押さえておくとが大事と言われています。

  1. 会社が求めるスキルを満たしているか
  2. 仕事に対する熱意があるか
  3. 自分の強みと弱みがわかっているか
  4. 転職理由はネガティブではないか
  5. 経歴に噓偽りはないか

履歴書との大きな違いは、職務経歴書ではあなたのキャリアがチェックされることです。

では、どんな職務経歴書が採用担当に好まれるのでしょうか。

職務経歴書で大事なことは、読み手が苦痛にならない量の情報で伝えることです。

意外と多いのですが、熱意を伝えようとして、大量の情報を職務経歴書に書く人がいます。

あまりに膨大な量を書くと、見た瞬間に読む気が失せてしまいます。

必要な情報を的確に伝えることが、書類通過する職務経歴書になります。

ただし、あまりにシンプルに書きすぎると印象に残らないリスクもあります。

職務経歴書でライバルと差をつける方法

職務経歴書のサンプルや雛形を、転職サイトからダウンロードして利用している人も多いと思います。

転職サイトでダウンロードできる職務経歴書は、無料テンプレートとしては良くできています。

ですが、覚えておいて欲しいことに、求職者のほとんどがこのテンプレートを使っているため差別化ができていない事実があります。

つまり、ライバルも同じような書き方をするので、キャリア不足や書き方が悪い人は圧倒的に不利になりますし、みんさん似通った書き方をするので採用側の印象に残りにくいのです。

転職で失敗する人の70%以上は、書類で不採用になります。

この最初の関門を通るためには、他人よりも優れたものを作らなければなりません。

ですが、転職経験が少ない方が、優れた職務経歴書を作ることは難しいです。

職務経歴書でライバルと差をつけるには、転職エージェントの添削サービスを利用しましょう。

転職サイトの添削サービスは、転職のプロがチェックするので書類の通過率がグンっと上がります。

転職エージェントの添削をすると書類通過率が格段に良くなります。しかも非公開求人など、市場には出ていない好条件の求人も紹介してもらえるメリットがあります。

職務経歴書をただの書類と考えずに、しっかりと対策をすることで転職成功率を上げることができます。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.