年間休日の平均は何日?

年間休日が少ない気がするけど、普通の会社って何日あるの?年間休日が多い会社に転職したいけど、どうやって探せばいいか教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

キャリアコンサルタントとして転職相談をすると、転職理由の一つに「休みが少ない」があります。転職活動を検討中(または現在、転職活動中)の方に覚えておいて欲しいのですが、年間休日が少ない企業を選ぶと後悔します。

休みが多ければ多いほど、精神的にも肉体的にもリフレッシュすることができます。

多くの人は年間休日を気にせず転職するのですが、仕事を続けるうちに「キツイ、もっと休みが欲しい」と思うようになります。

休日は仕事選びで大事な要素の一つになるので、転職で後悔しないためにも平均以上休みがある企業を選びましょう。

年間休日105日は休みが少ない?

完全週休二日制で1年間を52週で考えると、年間休日は104日になります。

つまり年間休日104日で週休二日制だと、GWや夏期休暇、年末年始休暇がないことになります。

ほとんどの企業は土曜出勤や隔週休みなどで調整します。

実は休みが少ないから転職したいという人の多くは、年間休日が105日以下の会社に勤めていることが多いです。

実際に働いて見るとわかりますが、きちんと土日休めなかったり、長期休暇が少ないとキツイです。

  • 家族との時間が取れない
  • 年齢が上がるごとに辛くなってきた
  • 休みが少ないのに残業が多い

転職希望する人の多くは、こういった不満を抱えながら仕事をしています。

転職がなかなか決まらないと妥協して年間休日105日の会社に働く人もいますが、絶対に後悔するのでよく考えて応募してください。

年間休日の平均は120日

一般的な企業の年間休日の平均は120日と言われています。

  • 家族との時間が取れる
  • 精神的に楽になった
  • 人間らしい生活ができている
  • 趣味に使える時間が増えた

年間休日が少ない企業から転職した人たちは、口をそろえて「転職してよかった」と言います。

前に年間休日110日の企業から、年間休日120日の企業に転職した方が、「たった10日だと思っていたけど実際は全然違かった」と言っていました。

もし休みが少ないことに不満があるなら、早めに転職活動も検討してください。

年間休日105日など、休みが少ない会社で働いていると精神的にも肉体的にも辛いです。

身体を壊したり、精神的にやられて「うつ病」になるリスクもあるので、我慢をせずに転職活動を行いましょう。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.