裁量労働制とは?ブラック企業が良く使う手口

裁量労働制ってどんな制度か知りたい。裁量労働制の企業で働くメリットやデメリットを教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

裁量労働制は社員が効率的に働き正当に評価されための制度ですが、実労働時間に応じた残業が認められないことから、不当な長時間労働等の問題も出てきています。

残業代が出ない長時間労働は、仕事をするだけ損になります。

裁量労働制のメリットとデメリットを良く理解して、本当にその企業が安全かを判断することが重要です。

裁量労働制とは

裁量労働制は、労働時間を実労働時間ではなく一定の時間(例えば8時間)とみなす制度のことになります。

普通の企業は、「9:00出社で17:30まで」という定時労働制という制度で仕事をします。

裁量労働制は成果物があれば時間の縛りがない、日本ではあまり見ない仕事のやり方になります。

時間ではなく成果物で仕事をするスタイルで、成果主義と言われ欧米で採用されている仕事のやり方になります。

ただ裁量労働制の企業には注意が必要です。

成果主義といえば聞こえは良いのですが、実は時間の縛りなく残業をさせることができるためブラック企業も良く使っている制度です。

実際、日本では裁量労働制で長時間の労働を強いらされている人も少なくありません。

裁量労働制のメリットとデメリット

裁量労働制にはメリットとデメリットがあるので、よく理解しておくことが重要です。

裁量労働制のメリット

裁量労働制のメリットは、何と言っても時間の融通が効くことです。

裁量労働制は労働時間を気にせず決められた成果さえ上げればいいので、毎日きっちり8時間働く必要もありません。

極端な例ですが、9時に仕事を始めて、10時に仕事が片付いてしまえば後はプライベートの時間です。

プライベートに合わせて、その日の仕事の量を調節出来るので家庭の用事にも柔軟に対応できるでしょう。

裁量労働制のデメリット

裁量労働制は成果に対して報酬を出しているので、そのプロセスにかかった時間は一切加味されません。

つまり、仕事量が多くなるとプライベートの時間がどんどん削られるのです。

また、報酬の上下変動が激しいこともデメリットと言えるでしょう。

フリーランスなどはその最たる例で、納品数に応じて報酬を得ますが、仕事量が少ないと得られる報酬も少なくなってしまいます。

サラリーマンの場合も、成果が挙げられなければ減給ということもありえます。

現実的な話として、日本の企業で裁量労働制のメリットを感じられる企業はほとんどありません。過酷な仕事量を負わされて精神的に追い詰められることも少なくありません。

メリットが大きく感じますが、実際、他の仕事を回されることが一般的です。

ブラック企業が裁量労働制を使う理由

ここまで述べたように、裁量労働制は良くも悪くも労働時間に関係のない働き方です。

つまり、仕事が終わるまで何十時間も働き続けなければならないことだってあります。

実はブラック企業には、裁量労働制を導入しているところが多いです。

なぜブラック企業が多いのか、その理由は残業代の支払いをしなくて良いと経営者が考えているからです。

ちなみに、裁量労働制だからといって残業を支払わなくていいわけではありません。

社員が必要以上に働いたら、残業代として支払う義務はあります。

ですが、ブラック企業は経営者や上司が「裁量労働制だから残業代は出ないよ」と言い切るのです。こうした企業は未だに多く、裁量労働制に期待して入社した社員が苦しい思いをしています。

こういった企業に入らないためにも、転職ではしっかりと企業を見極めることが大事になります。

裁量労働制で本当に安心して働ける会社はハローワークや転職サイトには出ないので、転職エージェントに相談するのが一番です。

むしろ裁量労働制の企業よりも、良い条件の求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.