完全週休2日制と週休2日制の違い【転職失敗】

週休二日制って土日休みじゃないの?完全週休二日制と週休二日制の違いを教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

完全週休二日制と週休二日制は似ているのですが異なる制度です。転職の相談でよくあるのですが、週休二日制の企業へ転職して、思っていたほど休みがなかったと後悔する方が多いです。

求人票にも書いてありますが、しっかり理解しておかないと転職で失敗します。

完全週休二日制と週休二日制の違い

たしかに完全週休二日制と週休二日制、言葉は似ていますが、全く違う制度なので気をつけて下さい。

週休二日制とは

週休二日制は、1ヶ月の間に週二日の休みがある週が1度以上あることを意味します。

つまり1週目に二日休みがあれば、残りは企業側次第で休みが変わるのです。

週休二日制は、必ず週2回の休みがあるというわけではなく、残りの週の休みは週1日でも法律上は問題ないのです。

完全週休二日制とは

完全週休二日制は、毎週必ず二日間の休みがある制度を意味します

週休二日制と違い、休みは保証されているのですが、水木が休みなど変則的なことが多いです。

土日祝などカレンダー通りの休みの場合、求人票に「土日祝休み」と記載されているはずです。それ以外は変則的な休みになる可能性が高いです。

転職するなら、土日祝休みの完全週休二日制が一番安定して働けます。

転職で失敗しないための方法

休日の記載をよく理解していないために、転職に失敗する人が実は多いです。

これは求人票がわかりにくいこともありますが、ハローワークや転職サイトでは応募時に丁寧に教えてくれません。

面接時に確認しない方も多く、転職後に「聞いてなかった」とクレームをする方もかなり多いです。

休日は大事なリフレッシュの時間になるので、しっかりと確認しておきましょう。

ただし、ブラック企業などは曖昧な回答をして休日出勤させることもあります

休日だけではなく残業や給料など、転職での失敗を防ぐためにも転職エージェントに登録しておきましょう。転職エージェントは、膨大な企業のデータを蓄積しているので、応募する企業がブラック企業かなど全てわかります。

休日についても丁寧に説明してくれますし、給料など面接で聞きにくいことも交渉してもらえます。

また条件の良い非公開求人を紹介してくれるので、応募しようと思っていたよりも良い条件で転職できることも多いので使わないと損をします。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.