退職の切り出し方【円満退職に向けて】

退職すると決めたけど、退職の切り出し方がわからないから教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

円満退職のためには、「退職の切り出し方」はとても大事です。社会人としてのマナーを忘れず円満退職を目指しましょう。

退職を切り出すまでの流れとについて解説します

円満退職のための切り出し方

退職を切り出すときに、どうやって話を進めれば良いかわからない方も多いと思います。

切り出し方を間違えると、円満退職できなくなります。

ここでは、円満退職のための退職の切り出し方について説明します。

退職を伝えるタイミング

退職理由は、伝えるタイミングがとても重要になります。

タイミングとしては、退職希望日の1~3カ月前に退職意思を伝えることがベストです。

一般的も退職を伝えるのは、退職希望日の1~3ヶ月前と言われています。

会社側も手続きが必要ですし、補充人員を探す時間も必要なのでギリギリにならないように注意しましょう。

繁忙期の退職はやめましょう

企業にとって、繁忙期は一人でも多くの労働力が必要な時期です。

繁忙期に退職すると、周りの迷惑になるため常識として避けて下さい。

ただ、年中繁忙期のような企業であれば、いつでも同じなのでタイミングは気にせず退職の意思を伝えましょう。

上司に事前に時間と場所を約束する

退職を伝えるのは上司になるので、社会人としてのマナーを守りながら退職の意思を伝えることが大事です。

まず、いきなり退職の意思を伝えるのではなく、しっかりと話し合いができる場を作りましょう。

メールで「お話したいことがあるので、お時間を作ってもらえませんか」と伝えるのがスマートです。

また、上司の都合の良い場所で2人で話したいことも伝えておきましょう。

退職の意思が強いことを伝える

上司と2人になって話すときに大事なことは、最初にお詫びの意思を見せることです。

「突然のことで申し訳ないのですが、退職させて頂きたく、本日はお時間をいただきました」とシンプルに伝えましょう。

ここで大事なことは退職の意思を見せることで、「退職を考えています」など曖昧にしないことです。

曖昧な伝え方をすると、引きとめられる可能性が高くなるからです。

特にブラック企業などは、退職の意思を伝えたのに辞められなかったというトラブルが多発しています。

退職で失敗しないために必要な3つのこと

退職を伝えることができたらホッとしますが、それで安心ではありません。

退職までに行っておくべきことがあるので、特に大事な3つのポイントを説明します。

引継ぎをしっかりと行うこと

退職が決まったら、しっかりと引継ぎをすることが重要です。

退職する人は辞めたら終わりですが、残った人は退職した人の業務もカバーしなければなりません。

しっかりと引継ぎをしないと、後々恨まれることになりますよ。

保険関係の手続き

雇用保険被保険者証、離職票、年金手帳などの受け取りも忘れないようにしましょう。

退職後に会社から送られるパターンもあるので、しっかりと確認しておいてください。

またハローワークへの失業給付金の手続きや、国民健康保険の手続きも忘れずに行いましょう。

転職活動は退職前に行うこと

会社を辞めてから一人で転職活動を開始すると、なかなか転職先が決まらないケースが多いからです。

退職後に転職活動をした人の9割が、「退職前に転職活動をすべきだった」と後悔しています。

退職届を出すことを決意したら、同時に転職活動を始めて下さい。

転職活動を早くから行うことで、次の仕事が見るかる安心感や、良い条件の企業と巡り合えるチャンスが増えます。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.