退職届はいつまでに提出すべきか【円満退職に向けて】

退職届っていつまでに誰に出せばいいの?円満退職したいけど、どうすれば上手く退職できるか知りたい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

退職でトラブルになる方は多いです。退職の意思を伝えるタイミングや次の仕事の探し方など、知らないと失敗してしまいます。ここでは退職についての正しい流れを紹介します。

円満退職のためには、やるべきことをきちんと終わらせることが大事です。

社会人としてのマナーになるので、しっかりと対応してください。

退職届はいつまでに誰に出すの?

まず、退職届は、いつまでに誰に出せば良いのでしょうか。

民法では、退職する14日前までに意思表示をすればよいとされています。
ですが、退職届は1ヶ月前までには提出するのが一般的です。

会社によっては就業規則に記載があるので、その場合は就業規則に従うようにしましょう。

また退職届を誰に出すのかですが、退職届は直属の上司に渡してください。

退職届の書き方!ひな形を使うのが無難です

退職届の書き方に関しては、ネットにも詳しい雛形があるので、それを参考にするのが一番です。

特に難しいことを書く必要はなく、以下のようなシンプルなもので大丈夫です。

 

退職届で気をつけてほしいのは、日付と誤字です。

難しいことはないので、あまり不安にならずに提出しましょう。

退職までの流れ!円満退職のために必要なこと

退職は、退職届を提出すれば終わりではありません。

退職までにやるべきことはたくさんあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

引継ぎをしっかりと行うこと

円満退職のためには、しっかりと引継ぎをすることが重要です。

有給休暇の消化も大事ですが、仕事の引き継ぎをしっかりと行ってから取りましょう。

その他にも、お世話になった人達への挨拶も忘れないようにして下さい。

保険関係の手続きも忘れずに

雇用保険被保険者証、離職票、年金手帳などの受け取りも忘れないようにしましょう。

退職後に会社から送られるパターンもあるので、しっかりと確認しておいてください。

またハローワークへの失業給付金の手続きや、国民健康保険の手続きも忘れずに行いましょう。

【必見】退職前に次の仕事を決めておくべき理由

退職届に関しては、これだけになります。

ただ退職に関して、退職の手続き以上に大事なことがあるのでお伝えします。

退職の決意をしたら、在籍中に次の仕事を必ず探しておきましょう。

退職が終わってから転職活動をする方が多いのですが、高い確率で失敗しています。

退職後に転職活動をした人の8割以上が、「退職前に転職活動をすべきだった」と後悔して相談に来ます。

退職後に転職活動をすると、徐々に貯金がなくなり慌てて仕事を探すことになるので、良い条件の求人を探せませんし、ハロワだとブラック企業に応募するリスクが高くなります。

ですので、退職を決意したら、同時に転職活動も行うことをおすすめします。

もし既に退職して、現在、転職活動中だとしたら、ブラック企業に入らないよう転職エージェントに相談をして下さい。

エージェントはかなり豊富なデータがあるので、あなたに合った条件の良い企業を提案してくれます。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.