手取りと平均年収【安月給の基準】

手取りが少なく安月給だから生活がきついし将来が不安。平均年収ってどのなのか知りたい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

手取りが少なくて転職を検討する人が増えています。お金を稼ぐのに妥協をしては、一生、安月給のまま終わってしまいます。

会社に搾取されないように、手取りと年収の平均についてと給料アップの方法を説明します。

手取りと年収の平均 安月給の基準【年代別】

「手取り」とは、給料から税金や社会保険料を引いた金額になります。

例えば手取り20万の年収は約288万円と言われていて、サラリーマンの平均年収である420万円を大きく下回っています。

ちなみに年代別の平均年収は以下になります。

年代 平均年収
全体 男性 女性
20代 345万円 369万円 319万円
30代 442万円 481万円 375万円
40代 507万円 567万円 401万円
50代以上 622万円 671万円 428万円

参考:DODA転職エージェント

手取り20万だと、20代の平均年収よりも低いことになります。

手取り20万でも平均より50万近く安い給料なので、初任給に多い手取り16万や18万は論外です。

つまり、手取り20万以下の人は間違いなく安月給で一般的なサラリーマンより損をしています。

手取りが少ないデメリットは、基本給が少ないためボーナスや昇給も少なくなることです。

ボーナスや昇給は基本給をベースとするため、給料が低いと必然的に低くなります。

つまり最初の給料が低いと、ずっと給料が低いのです。

安月給の基準は、正社員なら以下が一つの基準になります。

・20代は年収350万以下
・30代は年収450万以下
・40代は年収500万以下
・50代は年収600万以下

女性の場合、事務職などもあり安月給になることが多いですが、この金額以下であれば給料が低く「安月給」と言えます。

間違いなく転職を考えてよい給料です。

転職で年収アップできる理由

今の時代、転職したほうが年収アップできるのですが、それには理由があります。

  1. 給料が安い会社に入っている
  2. 転職の求人は初任給より給料が高い

一つ目の理由として、そもそも給料が低く設定されている会社に入っている人が多く、そういった人は転職すれば確実に給料がアップします。

基本的に中小企業で家族経営や昔からの企業などは、給料が低く待遇が悪い傾向にあります。

二つ目の理由は中途採用の場合、教育の必要がないので必然的に高い給料の求人が多くなるからです。

良い条件の企業を探すことができれば、20代でも普通に年収400万以上は狙えます。

20代前半で転職して、年収280万 ⇒ 年収420万まで上がった人もいます。

問題はどうすれば良い条件の企業を見つけられるかです。

ハローワークや転職サイトだけで転職すると、ブラック企業のリスクがあるのでお勧めできません。

好条件の企業を探すならば、転職エージェントに相談するのが一番です。

転職エージェントはハローワークや転職サイトにはない、条件の良い非公開求人を紹介してます。

キャリアに合った求人を紹介してくれるので、給料アップしたい人は必ず利用すべきです。

ちなみに転職エージェントは給料交渉もしてくれるので、あなたが不利になることは絶対にありません。

転職で給料アップは難しいといわれていますが、相談する相手を間違えなければ給料アップは難しくありません。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.