会社を辞めさせてくれない【退職トラブルの対処法】

退職したいけど、会社側が辞めさせてくれない。どうやったら上手く退職できるかを教えてほしい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

会社側がどうしても退職を認めてくれずトラブルになるケースもあります。こういった場合は円満退職よりも無理にでも辞めることを優先させなければいけません。退職の意思を伝えてから続けても、昇進や昇給もなくメリットがないからです。

退職したい会社に長く残っても、あなたにとってメリットはありません。

今回は会社が辞めさせてくれない時の対処法をキャリアコンサルタントがお教えします。

会社が辞めさせてくれない時のトラブル

会社が辞めさせてくれない時に起こるトラブルとして、以下のケースが多いです。

  • 無理に退職を引き伸ばす
  • 退職を認めない
  • 代わりを見つけさせる
  • 有給休暇を使わせない

退職するのだから、この位は仕方がないと思ってはいけません。

これらの行為は全て違法になります。

もし、このようなことがあったら、強硬手段で辞めることも検討しましょう。

唯一気にすべきことは有給休暇で、引継ぎやあなたの仕事によっては調整をしてもらうよう交渉しましょう。

どんな理由があろうと、優先させるべきはあなたの人生です。

ハッキリ言って辞めさせてくれない企業はブラックなので、早めに見切りをつけるべきです。

辞めさせてくれない会社は円満退社できません

辞めさせてくれない会社はブラック企業が多く、円満退社できることはほぼありません。

ひどい仕打ちを受けるケースもあります。

  • 上司が冷たくなった
  • 終わらない仕事量を与えられた
  • ボーナスが出なかった
  • 退職受理した後も何度も引きとめられる

こうした仕事環境が悪くなることも多く、退職まで辛い日々を過ごす人も少なくありません。

ですので、退職の意思を伝えても辞めさせてもらえないときは、強引な手段を使わなければなりません。

辞めさせてくれない会社辞める方法

退職の決意をしたのに辞められない。

ブラック企業を中心に、こうしたトラブルが多くなっています。

まず、会社を辞めたいと伝えたら、引きとめられたとしても強引に辞めて下さい。

退職に関するルールは法律で決まっており、そのルールに沿っている限り、労働者は自由に退職することができます。

会社の就業規則などに従っていれば、全く問題ありません。

あなたに非がないのであれば、会社が無理やり退職を引き留めることは違法です。

もし強引に引きとめるようであれば、以下に相談してください。

  • 総合労働相談所・社労士会労働紛争解決センター共通ダイヤル
  • 総合労働相談コーナー
  • 法テラス

ルールに沿って退職すれば、会社側からの賠償請求に応じる必要もありません。

そもそも賠償請求するような会社はブラック企業の可能性が高いです。

執拗に引き留められて困っているのであれば、一人で悩まずに公的機関の窓口に相談してみてください。

ただし公的機関の相談は時間がかかることも多く、心身ともに疲弊してしまいます。

そんな時は退職代行サービスもあるので、最後の手段として利用してください。

【必須】退職前に次の仕事を決めておくべき理由

退職の決意をしたら、在籍中に次の仕事を必ず探しておきましょう。

退職が終わってから転職活動をする方が多いのですが、高い確率で失敗しています。

退職後に転職活動をした人の8割以上が、「退職前に転職活動をすべきだった」と後悔して相談に来ます。

退職後に転職活動をすると、徐々に貯金がなくなり慌てて仕事を探すことになるので、良い条件の求人を探せませんし、ハロワだとブラック企業に応募するリスクが高くなります。

ですので、退職を決意したら、同時に転職活動も行うことをおすすめします。

もし既に退職して、現在、転職活動中だとしたら、ブラック企業に入らないよう転職エージェントに相談をして下さい。

エージェントはかなり豊富なデータがあるので、あなたに合った条件の良い企業を提案してくれます。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.