【給料が低い】安月給をアップさせる方法

給料を上げる方法を教えてほしい。自分が安月給なのかを知りたい。

キャリアコンサルタントがこの悩みにお答えします。

転職理由で上位になるものに「給料が低い(安月給)」があります。生活のために仕事をしてお金を稼ぐので、低い給料に不満を持つのは当然でしょう。

安月給に悩んで転職する人も少なくありません。

ですが給料は業界や職種によっても違うので、まず自分が安月給なのかを確認しましょう。

また給料が低くて悩んでいる方が転職すべきかのボーダーラインについて説明します。

本当に給料は低いの?平均年収から見る安月給

まず、年代別の平均年収を見てみましょう。

年代 平均年収
全体 男性 女性
20代 345万円 369万円 319万円
30代 442万円 481万円 375万円
40代 507万円 567万円 401万円
50代以上 622万円 671万円 428万円

参考:[doda2] 平均年収ランキング

※スマートフォンの方は横にスクロールできます。

若い年代である20代の平均年収は345万で、30代の平均年収は442万です。

40代になると507万、50代で622万と年齢が上がるほど平均年収は上がります。

給料が安いかの判断材料として、自分の年齢と年代の平均年収を比べてみましょう。

ただし職種や業界によっても違うので、単純に年代の平均年収より低いからといって安月給とは言えません。

男女差もありますが、女性はパートなど非正規社員の方もいるため、当然ながら平均年収は下がります。

安月給は、正社員なら以下が一つの基準になります。

・20代は年収300万以下
・30代は年収350万以下
・40代は年収400万以下
・50代は年収500万以下

これ以下であれば給料が低く「安月給」と言えます。

安月給のデメリット

給料が低いデメリットは多く、安月給で一番辛いのは私生活でやりたいことができないことです。

  • 欲しいものが買えない
  • 家族の将来が不安になる
  • 常にお金に悩まされる
  • 家族間の関係が悪化する
  • 仕事を辞めたくなる

特に給料が低いと家族の問題が大きくなります。

独身なら自分のためにお金を使えますが、結婚をしているとそうはいきません。

給料が低いことに悩んで転職相談に来る方で、家族との関係が悪化しているのも良くある悩みです。

逆に年収が高い方は、私生活に不満を持つことが少ない傾向にあります。

お金が全てではありませんが、お金があることで生活は豊かになります。

転職で給料アップしている方の多くは、お金の悩みが解決したことで心にゆとりを持てたと言っています。

給料アップする転職方法

安月給だからと安易に転職をすると失敗する可能性が高いです。

給料アップを狙った転職では、あなたのキャリアをしっかりと見つめなおすことが大事になります。

  • 今の業種・職種でいいのか
  • どの位の年収を目指すのか
  • 自分に何が不足しているのか

例えば伸びしろのない業界にいるとしたら、業界を変えることを検討しましょう。

しっかりと稼げる業界・職種に転職することで、確実に給料アップをすることができます。

また転職活動で大事なことに、ハローワークや転職サイトだけで求人を探さないこともあります。

ハローワークや転職サイトはブラック企業も多く、条件が良く見える求人も残業代がなかったり昇給が低い可能性があるからです。

給料アップを狙った転職をするならば転職エージェントを活用してください。

転職エージェントはハローワークや転職サイトにはない、条件の良い非公開求人を紹介してます。未経験でもキャリアに合った求人を紹介してくれるので、給料アップしたい人は必ず利用すべきです。

[ad2]

Copyright© ジョブナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.